2011年02月16日

〜語彙勉強中〜

こんにちは。

今日も TOEFL に向けて勉強しています。

今回は特に語彙について書こうと思います。

TOEFL ibt ではやはりまずは語彙がわからないと読めない。

聞いても何言ってるかわからない。なんてなっちゃいますから

やはり語彙は大切だ!ということです。


次の問題はどうやって覚えるか? ですよね。

私の覚え方は↓

@反復して覚える
A文脈で覚える
B英英辞書でも意味を確認する


@反復する
 これは言うまでもないですよね。
 ただ、暗記物が頭に入りやすい時間帯があるそうです。
 それは寝る前! 
  
 うちの大学の心理学の先生も言ってましたが、寝る前に覚えたことは
 ・寝てる間に短期記憶から長期記憶のほうに変換されやすい
 ・干渉しにくい。(覚えた後の情報とごちゃごちゃになりにくい)
 
 ということだそうです。さらに寝る前頭に入れたことを朝に繰り返すといいらしい。


A文脈で覚える 
 意味だけ、丸暗記的な形より周りの補助があるから覚えるのが楽だと思います。
 例えば、「あ、この単語、カフェインの説明文で出てきたっけなー」と思い出します。
 また私はその覚えたい単語が入っている英文を音読して覚えるようにしてるので、
 一石二鳥的な感じ。

 特に私が愛用していた文脈で覚える単語集はこちら
 

速読英単語 必修編 改訂第5版



  結構使われてますよね。これはまず話題が面白い! 
  面白いことって大事!何年かたった今でも内容覚えています。
  難点はCDが別売りだったことぐらい。音読もするので仕方ないから買いました。


  いまTOEFL用語彙に使っている本はこれ↓
  

TOEFL TEST必須英単語5000 CD book



   この本はきちんとCDが付いています。話題、文脈もTOEFLに出てくる分野ごとに
   分かれていますし、単語の意味だけ丸暗記したい!という方のための単語集が
   後ろにまとめられてあります。
   分野の例:人類学、経済学、言語学、アメリカ史、生物学、地球学、医学など

   CBT対応なんて書いてありますが、TOEFLのReadingなどの話題は
   CBTもIBTも同じ。TOEFLの話題なれや語彙を覚えるには関係ないです。
   
   ちなみに、IBT対応版も販売されました!
  改訂新版 TOEFL TEST 必須英単語5600(CD BOOK)


B英英辞書で意味を調べる
 これは筆者が高校からやっていることです。
 今は電子辞書があって簡単ですが、昔はOxford Advanced Learner's Dictionary を使ってわからない単語が出てくるたびに辞書回してました。
 やってるうちに不思議とわからない単語減ってくるんですよね。

 (しかし、今電子辞書使ってますが、やっぱりのほうが効果アリと実感してます
  辞書には「お、このページ見たことある、そうそうだったよね。」
  なんてそのページの周りの環境によっても単語の記憶を補助できるんですね!) 
 
 浅い意味をただ暗記!で何回もやってる人いますが、私には合わないな。
 その覚え方は忘れやすい!

 こっちのほうが深い知識をしれるし、
 深くまでやると浅い知識はすんなり頭に入っているので
 そんなに気合入れなくても自然と入っちゃう感じです。

 
 この覚え方の成果として、こんな感じで単語覚えまくって、
 高校生のときに英検準1級取りました。
 
 ほかの方法で覚えているとか、私もこれやってるとか、
 この方法ここだめだろうなど、何かあったらコメントください。
posted by 梅田ユー at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
- TOP -
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。