2011年03月10日

TOEFLってどんなテスト (スピーキング編)

今回はTOEFL IBT のスピーキングセクションに的を絞って見ていきましょう。

時間:約20分 (あっという間!)
問題:6つあります。
準備時間:15~30秒
話す時間:それぞれ45~60秒

Question 1
身近なことで質問が来ます。
(例)今までで誇りに思えることは何ですか?

準備:15秒  話す:45秒

この間に理由、たとえ話を考えましょう。

実践練習↓ ほんとにこれらの動画の感じのやつが出ました!





Question 2
今度は、意見やその理由をしっかり言いましょう。
(例)1人で勉強するのと、グループで勉強するのどちらがいいですか? なぜですか?

準備:15秒  話す:45秒





Question 3
ここからは、リスニングやリーディングが入ってきます。
(例)
リーディング:お知らせや掲示 (無料シャトルバスの停止など)
リスニング:それに対する会話 (続けるべきだ!など)
話す:その意見、理由をまとめる

準備:30秒  話す:60秒

メモは必須! しないと撃沈ですバッド(下向き矢印)





Question 4
講義の内容に入ります!
(例)
リーディング: Q3よりかなり長いアカデミックな内容
        →ここから、リスニングが何についてか? 
         専門用語が出てきたらそれはどういう意味か?読み取る。

リスニング: リーディングの内容について具体例をもちいた説明など
話す: リーディングとリスニングはどう関連しているのか?

準備:30秒  話す:60秒





Question 5
大学での2人の人の会話
(例)
リスニング:片方が問題を抱えている。どうしよう?
      こうしよう&メリット→ でも.....デメリット
じゃあこうしたら&メリット  → でも....デメリット

スピーキング:問題は何? あなたならどっちにする?      

準備:20秒  話す:60秒





Question 6
ふたたびアカデミックな内容

リスニング:アカデミックレクチャー (60~90秒)
      具体的な例などが大事。たとえば、氷河のでき方のステップなど
スピーキング:講義内容の説明

準備:20秒  話す:60秒

実践! ↓




これらの動画をアップしてくれた人には心から感謝!
Thank you very much for these videos !


売れています!

TOEFL TEST対策iBTスピーキング


TOEFLテストスピーキング問題130 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)




他のスピーキング対策本を探す!






初めての留学はココ!

留学Style!


posted by 梅田ユー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
- TOP -
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。