2013年03月28日

3/16 TOEFLテスト結果報告

2013,3/16に川崎外語ビジネス専門学校にTOEFLを受けに行ってきました!

その結果を報告します.

キャプチャ.JPG

Reading 29 →語彙の勉強,TPOリーディングの効果が出た!
Listening 26 →留学の成果か
Speaking 15 →練習しなかったら悲惨な結果に.何も言い切れなかったからな
Writing 24 →まだ練習不足
Total 94 →speakingの大幅アップとwritingの少しアップで100点,105点は手の届く範囲か

これからの課題
とにかく,スピーキングの練習をがんばってやること.

大事になるのは,自分の意見をサポートする根拠,理由ですね.

日頃からつまらないことにも理由を考える癖をつけるといいかなと思います.

あとは練習ですね.ずっとTOEFLの勉強をしてきて,気がついたのですが,

英語の会話力があっても,留学しても直接点数に結びつくって言うわけじゃなくて,

(基礎力+)どれくらい訓練したか,っていうのがテストの点数に結びついてくるのかな

って思っています.

なので,GREの勉強もしながらTOEFLのスピーキングも訓練していきたいと思います.



posted by 梅田ユー at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL受験状況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

GREにむけて勉強開始! 〜GREとは〜

ついにGREの勉強を開始しました!!

GREはGraduate Record Examinationの略で,大学修了の能力を見るテストで,

アメリカの大学院に行く人の多くが受けるテストです.

最近,新GREに移行したばかりで,情報があまり多くないですが,

簡単にどういったテストかまとめてみようと思います.

テスト時間:約3時間45分
Verbalセクション (語彙・リーディング) 基本35分×2
Quantitative セクション (算術・算数) 基本30分×2
AWA, Analytical Writing セクション (ライティング) 基本30分×2
*テストの点数に反映されない問題(順不同で,普通の問題に見えるもの,もしくはテスト最後に出てくるResearch問題)がかならずでる.
それぞれ2セクションずつ,6セクションあり,3セクションの後に10分休憩がある.

新しいGRE
試験時間:3時間45分
解答の内容により難易度が調整されることはない.
解答の変更が可能になった.
Verbalセクションは語彙の問題が減り,リーディング問題が増えた.
Quantitative セクションでは,計算機が画面で使えるになった.
スコアスケールが130〜170点
30日に1回受けられるようになった.(12ヶ月に5回まで)
大学にスコアを送付する際,どのスコアを送るか選択できるようになった.
posted by 梅田ユー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | GRE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

2013年03月22日のつぶやき








posted by 梅田ユー at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

3/16 TOEFLテスト内容 Speaking Writing

Speaking

Task 1: What is the things you have wanted to do but you haven't done before?

Task 4: A prof is talking about short belief
お母さんは教授が小さいとき風邪を引かないように暖かい服をきなさいといっていた.
大きくなって,温度と風邪をとはあまり関係が無く,ウィルスが体の中に入ったときに
風邪を引くということを知った.また,ウィルスは冬より春や秋に多いことを知った.
しかしそれでも子供には風邪を引かないように暖かい服を着なさいと言う.

Task 6: Sounds animals use
Animals uses sounds in two different ways. A baby call mom when a predator is getting close.
Thorn bugs call others when they find fresh leaves.

Writing Integrated
*Reading
Manatees are not intelligent.
1. Brain size is small for their bodies. 体に対して脳が小さい
2. Their brain surfaces are so flat. 脳のしわがない
3. They can't be trained like dolphins. 訓練がむずかしい

*prof.
1.体の大きさは冷たい海に適応するため大きくなったので,
 体に対する脳の小ささは,知能の発達について説明できない.
2.脳のしわは早く動くほ乳類の知能には説明できるが,マナティーは遅く動き説明ができない.
3.イルカのようにトリックをするのは身体的に無理.
 他の賢い動き,物を探したり,潮を吹いたり,浮いたりすることはできる

Writing Independent
It is more interesting to watch movies and television programs made in your own country than to watch movies and television programs made in other countries.


posted by 梅田ユー at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL受験状況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/16 TOEFLテスト内容 Listening編

3/16のListeningの内容を書きます.

1. conversation between a student and a professor.
She is a manager of a sport club. She came to talk to the prof. to talk about her future absence of his class. She is missing some classes on Friday. First, she explained the role of the manager compared the role of the coach. The prof. understood that and tells her to get copy of notes from her friends and do every assignment.

2. conversation between a student and a worker at a dorm.
A female student came to talk to the worker because two light bulbs in her room are broken.
She asked for new light bulbs and asked if she can have the broken bulbs for her art.
She also asked for some materials for the festival coming soon.

3.アルバート・ビアスタット Albert Bierstadt
 母は画家になるのには反対だった.ドイツに生まれ,幼いときに米国に移住.
 ドイツで絵を勉強し,アメリカにもどり,アメリカ政府の土地調査官に同行し,
 ワイオミング州から太平洋岸にいたる広範囲の西部遠征の旅を経験.
 あるとき彼の人気は絶頂に達する.おいてなお同じ質の絵を描いたが,
 時代が変わり,人気が薄れていき,パリ万博に出展しようとしたが断られて,
 人気が底についてしまった.→これ前のTOEFLでもやったことあった.

4.conversation between a student and a prof.
 その生徒はボランティアで落葉性の木(deciduous tree)について質問された.紅葉の質問については,
染色体が減るとかなんとかで,色を変えるということがきちんと答えることができたが,落葉についてはうまく説明できなかったので先生に聞きに来た.
 落葉性の木が寒さや乾燥などのストレスを受けると,あるホルモンが増えて,葉と枝の間の細胞が大きくなるというような説明.生徒が熱心なので,植物学の専攻を考えたことがあるかと生徒に質問.
ダブルメジャーなどを考えているというような答え.

5.Children social evaluation
実験1.6ヶ月の子供にお話を見させる.
○に目をつけて,○は自分で動いて,丘を登る.
□が○を押す.丘登るのを助ける.
△は邪魔をする(hindering)
子供の目の前に○□△を置き,どれを最初に取るかを見る.
結果:○を最初にとった子供が多かった.→○を人と見なし,性格を評価している.
ある生徒の質問.子供達はただ○の形が好きだっただけではないか?

実験2.○は目がない.○は自分で動かない.
他は同じ要領で実験.
結果:子供達はランダムに○□△を選んだ.
この二つの実験から6ヶ月の子供でもSocial evaluation をしていると考えられる.

5.Biology class, coral
 サンゴは藻(algae)と共存している.サンゴは波の浸食作用よりも速いスピードで体を作らなければ小さくなってしまう.CO2の増加で,海が酸性化でカルシウムにより体を作るのが難しくなっている.

6.エジプトの考古学
7.CO2地下深くへの貯蔵方法 →この最後の二つはかなり難しかった.

英語と日本語の乱雑な文章をお許しください orz




posted by 梅田ユー at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL受験状況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
- TOP -

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。